電力会社では、取引データを迅速かつ正確に交換し、ペーパーレスで商取引を実現するEDI(電子データ交換:Electronic Data Interchange)を積極的に導入しています。

電気事業連合会では、電力会社がEDIを実施するうえで必要となる運用上の取決めや、標準となる考え方を示し公開しています。各電力会社は、この標準の採用など各社の効率化に合わせEDIのしくみを構築しています。

なお、電力会社のEDIシステム再構築のタイミングなどによっては、本標準に準拠していない場合もありますので、実際に電力会社と電子商取引をご希望される企業様は、取引先となる電力会社にご確認をお願いいたします。

ページトップへ